住まいを契約する前に家賃を考える

住まいを考える上で、必要なこと 住まいを契約する際に考えなくてはならない部分は、家賃になります。どれくらいの家賃であれば問題無く生活をする事ができるか考えなくてはなりません。家賃は貸家の時にだけ考えなくてはなりませんが、考える際は非常に簡単になります。なぜ簡単になるかと言いますと、毎月支払う分は変わらない事が多いからになります。多少変動する事はあるかもしれませんが、ほとんどの方は、一度退去をしない限り同じ金額になります。自分の収入に変動がある方は、多少考えにくい部分になってしまいますが、月給などでしっかりと働いている方は、自分の収入から計算する事が可能になります。

住まいに支払うお金は一ヶ月の収入の30%と考えると良いです。10万円の給料を得ている方は3万円の場所、20万円の収入を得ている方は6万円の場所と言う計算になります。30%で以内であれば全く不便無く生活をする事ができるでしょう。家賃だけで考えるとこうなります。しかし住まいを契約して生活をする上で発生する費用はこれだけではありません。その他に光熱費などもかかってきてしまいます。かかってくる光熱費は、生活をする場所によって変わってしまう事があるので、その計算は1ヶ月生活をしてみなくては分かりません。