住まいを考える上で、必要なこと

住まいを考える上で、必要なこと こんな家に住みたい、でも人生で一番お金がかかる買い物だから、小さくても住めればいいなど、住まいに関して悩むことがたくさんあります。まずどこに住みたいかから始まり、何人家族で何部屋必要なのか、部屋以外に必要なものは何かなど、考えなければいけないことがたくさんあります。一人暮らしなら、アパートなど、好きな間取りで好きな場所、金額も範囲以内なら案外簡単に見つかりますが、家族の家となると、家族の考えをまとめて、一つの家を買うことになるので大変です。

場所が決まれば次は土地代はいくらか、土地台を含めての建物はいくらになるのかを考えなければいけません。家は、部屋を多くすることで金額が高くなるので、二階のない平屋だったら少し安めに建てる事ができます。ただ、大家族の場合は部屋数が必要になってくるので、平屋だと難しい面が出てきます。

工務店にこんな家がいいと頼むのもいいですが、要求を全て取り入れると、かなりの金額になります。建て売りを買うという方法もあります。建て売りはいろんな方が見学しているので、その分少し安く買うことができるし、内装も見れるので、購入後の計画も立てやすいです。家を買う事は大変な事ですが、悔いだけは残らない家を購入したいです。